第1章過激派グループと紛争に関するイスラム教徒の見解

イスラム過激派グループのハマスとヒズボラの見解は、いくつかの例外を除いて、大部分が否定的です。実際、ヨルダンという1つの国だけの過半数が、レバノンに拠点を置く過激派パレスチナイスラム組織ハマスとシーア派イスラムグループヒズボラの両方に好意的な意見を持っています。確かに、多くのパレスチナ人とエジプト人もハマスとヒズボラを受け入れていますが、感情はこれらのグループに対して肯定的であるよりもはるかに複雑で否定的です。


さらに、調査された主にイスラム教徒の大衆の間で、スンニ派シーア派の緊張と近代化主義者と原理主義者の間の闘争についての懸念が広まっています。より近代的で原理主義的なアプローチ側と近代化主義者との間の闘争を見るほとんどの人。また、少年と少女の平等な教育への支援は一般的です。

イスラエルとパレスチナの分裂は強く一貫していますが、パレスチナ内の分裂も同様です。ガザ地区に住む人々は、ハマスとヒズボラを受け入れる傾向が少なく、近代主義者と原理主義者の間に闘争があると信じる傾向があります。彼らの国に置きます。

ハマスの混合ビュー

ヨルダン(56%)とエジプト(52%)の2か国の過半数は、米国政府とカナダ、欧州連合によってテロ組織として分類されている過激派パレスチナ組織ハマスに好意的な意見を持っています。 、日本、イスラエル、オーストラリア。ハマスの見方は否定的であるか、イスラム世界の他の場所で混合されています。

パレスチナの領土では、ハマスの意見はバランスが悪いです。パレスチナ人の約半数(52%)がハマスに対する批判的な見方を表明しています。しかし、ハマスが支配するガザ地区に住む人々は、ヨルダン川西岸の同胞よりもハマスを拒絶する傾向があります。ヨルダン川西岸の50%と比較して、ほぼ6割(59%)のガザ人がハマスに対して不利な見方をしています。


レバノンでは、3分の2以上(68%)が否定的な見方をしていますが、国の2つの主要なイスラム教徒コミュニティの意見は二極化しています。ハマスは主にスンニ派の組織ですが、レバノンのシーア派の圧倒的多数(91%)に受け入れられ、レバノンのスンニ派の同様に大きな割合(97%)に拒否されています。それはレバノンのクリスチャンの間でも同様に人気がありません(88%不利)。



トルコ人とイスラエル人の間のハマスの意見は明らかに否定的です。トルコ人の約3分の2(69%)がハマスに対して不利な意見を持っていますが、26%は意見を述べておらず、5%だけが肯定的な見解を持っています。イスラエルの意見は、ハマスの拒絶においてより明白です。イスラエル人の全体の94%は、イスラエルのアラブ人の半数以上(58%)を含め、不利な見方をしています。3

ハマスは中東以外ではあまり知られていません。パキスタンではおよそ10分の6(62%)、インドネシアでは10分の4(40%)、ナイジェリア人の28%は、このパレスチナ人グループについて意見を述べていません。インドネシアで意見を述べる人のうち、意見は均等に分かれています。 31%がハマスに好意的な意見を表明し、28%が否定的な見解を表明しています。意見を表明するパキスタン人は、ハマスに対する肯定的な見方(14%)よりも否定的な見方(24%)を表明する傾向があります。ナイジェリアの見解は宗教的な線に沿って分かれています。ナイジェリアのイスラム教徒の大多数(58%)はハマスに対して肯定的な意見を持っていますが、ナイジェリアのキリスト教徒の53%は不利な見解を持っています。


ハマスの見解は、2008年以降、4つ(ヨルダン、ナイジェリア、パキスタン、トルコ)で変更されていません。
トレンドのある7カ国。他の場所では、ハマスに対する前向きな見方が高まっています。 2009年(52%)には、前年(42%)よりも多くのエジプト人がハマスに対して前向きな見方をしています。同様に、インドネシアでは、31%が現在ハマスの好意的な評価を表明していますが、23%は前年にそうしました。

レバノンでは、全体的に肯定的な見方がわずかに増加しています。レバノン人の25%が2008年にハマスに対して好意的な見方をしていましたが、現在30%がそうしています。しかし、スンニ派とシーア派の格差は広がっています。レバノンのスンニ派がハマスに対して好意的な見方をする可能性はやや低くなり、レバノンのシーア派は前年よりも肯定的な意見を表明する可能性がはるかに高くなっています。


対照的に、2007年以降、パレスチナの領土、特にヨルダン川西岸の領土では、ハマスに対する肯定的な見方が大幅に減少しています。 2007年(62%)よりも2009年(44%)のハマスに対する好意的な見方を持っているパレスチナ人は全体的に少ない。同様に、ハマスへの支援は2007年春に西岸でかなり普及しましたが(70%好意的)、現在ではあまり一般的ではありません(47%好意的)。ハマスが現在支配権を握っているガザ地区では、サポートは依然として低く、2007年の45%から2009年には37%に低下しました。

ヨルダンでは、女性(40%)、少なくともある程度の中等後教育を受けている人(45%)、経済的に恵まれている人(43%)は、男性(32%)よりもハマスに対して不利な見方をしている可能性が高いです。と
高校教育以下(34%)と貧困層(27%)。4

ヒズボラの混合ビュー

ハマスの見解と同じように、イスラム教徒の大多数の国民は、バランスをとって、ポジティブよりもネガティブまたは混合されたヒズボラの見解を持っています。

全体として、ほとんどのレバノン人は、米国によってテロ組織として分類されているレバノンに本拠を置くイスラムシーア派の政治および軍事組織であるヒズボラについて薄暗い見方をしています。レバノン人の大多数(64%)は、この組織について不利な見方をしていると述べています。過去のように、レバノンの意見は宗教的な線に沿って深く分かれています。ほぼ満場一致(97%)で、この国のシーア派コミュニティはヒズボラに対して好意的な見方をしています。対照的に、レバノンのスンニ派コミュニティの多くが反対意見を持っています(98%
不利)。同様に、レバノンのクリスチャンは主にヒズボラに対して否定的な見方をしています(80%が不利)。

ナイジェリアでは、ヒズボラの見方は宗教的な線に沿って均等に分けられています。全体として、ナイジェリア人は、ヒズボラについて肯定的な見解(35%)、否定的な見解(36%)、意見なし(29%)に分かれています。しかし、ナイジェリアのイスラム教徒とキリスト教徒は反対の見解を持っています。ナイジェリアのイスラム教徒の過半数(59%)は、ヒズボラに対して好意的な見方をしています。対照的に、ナイジェリアのキリスト教徒の半数は、このイスラム組織に対して否定的な見方を示しています。両方のグループの多くは意見を述べていません(イスラム教徒20%、キリスト教徒38%)。


イスラエルとトルコの世論は、ヒズボラを嫌うという点で統一されています。全体として、イスラエルの10人に9人(92%)が、イスラエルのアラブ人の半数を含め、組織に対して不利な見方をしています。同様に、トルコ人のほぼ4分の3(73%)がヒズボラに対して否定的な見方をしています。

調査されたイスラム教徒の大多数の国民のうちの3人では、ヒズボラに対する前向きな見方がより一般的です。パレスチナ自治区の10分の6強(61%)がヒズボラを受け入れています。ハマスの場合のように、ガザ地区(44%)よりも西岸(69%)の方がはるかに多くの見解を持っています。過去の調査結果と一致して、ヨルダン人の過半数(51%)がヒズボラに対して肯定的な意見を表明しています。エジプトの10人に4人(43%)も好意的な見方を示していますが、57%は不利な見方を示しています。

インドネシア人は、ヒズボラを拒否(30%不利)と同様に受け入れる可能性があります(27%有利)が、アジアとアフリカで調査された他の主にイスラム教国と同様に、インドネシア人のかなりの割合(43%)が意見を述べていません。パキスタンでは、10人に6人(60%)が、ヒズボラについての意見を尋ねられたときにわからないと答えています。

ヒズボラの見方は2008年から2009年までほぼ安定していた。2008年の傾向データがある7か国のうち4か国では、レバノンを含め、ヒズボラの見方は変わっていない。他の場所では、ビューの変化はわずかまたは中程度です。エジプトとパキスタンでは、好意度がやや悪化しています。エジプト人の過半数(54%)が2008年にヒズボラを受け入れました。 43%が2009年春にそうします。パキスタンでは、2008年に24%がこのレバノンを拠点とするイスラムグループに対して肯定的な見方をしましたが、2009年の調査では17%がそうしました。

逆はナイジェリアの場合です。ナイジェリア人は2009年にヒズボラに対して全体的にわずかにポジティブです(2008年の29%に対して35%)。ナイジェリアのキリスト教徒の見方は安定したままでしたが、ナイジェリアのイスラム教徒は今ややや前向きです。ナイジェリアのイスラム教徒の半数(50%)は、2008年にヒズボラに対して前向きな見方をしていましたが、現在は59%がそうしています。

2007年以降、パレスチナ人はヒズボラを支援する意欲を失っています。 2007年春(76%)よりも2009年(61%)のヒズボラに対する肯定的な見方を持っているパレスチナ人は全体的に少ない。しかし、ガザ地区のパレスチナ人は、ヨルダン川西岸にいる同胞よりもヒズボラにあまり夢中になっていません。 2007年にはヨルダン川西岸の78%とガザの71%がヒズボラを支持しましたが、現在はヨルダン川西岸の69%とガザ地区の44%がヒズボラを支持しています。

スンニ派シーア派の緊張

調査されたほとんどのイスラム教徒は、近年イラクを悩ませてきた宗派間の緊張はその国に限定されていないと信じています。質問された9カ国のうち7カ国のイスラム教徒の間で、意見のバランスは、スンニ派とシーア派の間の緊張がイスラム教徒の世界でより一般的に増大している問題であるということです。

それ自体が継続的な宗派間の緊張を経験している国であるレバノンでは、この意見はイスラム教徒によってほぼ普遍的に共有されています。スンニ派イスラム教徒の99%とシーア派の91%は、コミュニティ間の分裂がより一般的な問題であると述べています。ほとんどのパレスチナのイスラム教徒は同意します。 73%は、スンニシアの宗派間の分裂をイラクを越えて到達するものと見ていますが、西岸のパレスチナ人(70%)よりもわずかに多いガザ人(81%)がこの見解を持っています。同様に、およそ10人に7人(69%)のパキスタンのイスラム教徒は、スンニシア紛争がイラク国外に広がっていると見ています。

エジプト(59%)、ヨルダン(55%)、トルコ(52%)のイスラム教徒の大多数も、これをイラクを超えて広がる問題と見なしています。インドネシアではこの見解を持っている人は少ない(25%)。イスラエルのイスラム教徒は分かれています。ほぼ同じ割合で、スンニシーア派の分裂はイラク(38%)に限定されており、より一般的な問題(42%)であると述べています。

過去数年間のいくつかの国では、この宗派間の対立がイスラム世界でより一般的な問題であるという見方が広がっています。 2009年には、ナイジェリア(54%)とトルコ(52%)で、2008年(ナイジェリア38%、トルコ44%)よりも広範な問題であると言うイスラム教徒が増えています。ヨルダン川西岸(70%)とガザ(81%)のより多くのパレスチナ人も、2007年よりもスンニシーア派の分裂がより一般的な問題であると感じています(ヨルダン川西岸54%、ガザ地区66%)。

近代化主義者と原理主義者の間の闘争

多くのイスラム教徒は、国を近代化したいグループとイスラム原理主義者との間の自国での闘争を見ています。この質問がなされた8カ国のうち3カ国では、半数以上がそのような闘争が起こっていると述べています。圧倒的に、闘争を見るイスラム教徒は近代化を支持する傾向があります。

近代化主義者と原理主義者の間に闘争が存在するという信念は、レバノンで最も広まっています。レバノンのイスラム教徒の大多数(55%)は、自国で闘争を経験しています。この見方は、シーア派(42%)よりもレバノンのスンニ派(67%)の間ではるかに一般的です。しかし、スンニ派とシーア派の両方の間で、そのような闘争を見る人々は、近代化主義者と偏った側面を持っています。

闘争が起こっているという信念は、トルコでも同様に広まっています。トルコでは、国の世俗的な確立の要素と、与党の穏健なイスラム主義公正発展党(AKP)との間の緊張が続いています。半数強(54%)が、穏健派と原理主義者の間の衝突がトルコで起こっていると信じています。闘争が存在すると信じているほとんどのトルコ人は、近代化主義者と同一視しています。

全体として、パレスチナ人の過半数(53%)も、近代化を目指す人々とより原理主義的な要素との間に闘争が存在すると感じています。しかし、ハマスが支配するガザ地区のパレスチナ人(67%)は、ヨルダン川西岸のパレスチナ人(47%)よりもこの見解を持っています。

パキスタンのイスラム教徒の10人に4人は、同数の人が意見を述べていないにもかかわらず、自国で闘争が起こっていると見ています(38%)。インドネシア人は分かれています。 10人に4人(41%)は闘争が存在すると感じていますが、同じくらい多くの人が反対しています(40%)。同様に、ナイジェリアでは、およそ10人に4人(37%)が対立が存在すると述べ、約半数(51%)がその考えを拒否しています。

エジプト(22%)またはヨルダン(14%)で、より現代的なアプローチと原理主義的なアプローチの間の闘争を目にする人はほとんどいません。傾向がある7か国のうち5か国では、2009年の調査で、イスラム教徒が近代化主義者と原理主義者の間に対立が存在すると言う可能性は1年前よりも大幅に低くなっています。 2008年春、トルコのイスラム教徒の10人に7人弱(68%)が、国を近代化したい人々とイスラム原理主義者との間に闘争があると述べました。半数強(54%)が2009年にその見解を取りました。2008年にエジプトで、3分の1は、近代化主義者と原理主義者の間の闘争が自国に存在したという意見を持っていました。 1年後、22%だけがその見解を表明しています。ヨルダン、インドネシア、パキスタンでも闘争が存在すると言う割合の小さいながらも大幅な減少が発生しました。

男の子と女の子を教育するための広範なサポート

教育に関する平等主義的な見解は、調査対象の主にイスラム教国で一般的です。レバノン(96%)、インドネシア(93%)、パレスチナ自治区(85%)、トルコ(89%)、パキスタン(87%)の10人に8人以上が、女の子を教育することも同様に重要であると述べています。男の子を教育することです。

ナイジェリアの全体的な意見は、大まかに平等主義的です。 (78%)は、男子を教育することと同じくらい女子を教育することが重要であることに同意します。それでも、ナイジェリア人の5人に1人(19%)は、男の子を教育することがより重要であると考えています。また、ナイジェリアのイスラム教徒(68%)よりも多くのナイジェリアのキリスト教徒(87%)がジェンダーの平等な教育を支持しています。実際、ナイジェリアのイスラム教徒の約10人に3人(29%)は、女の子よりも男の子を教育することが重要であると考えています。

エジプト人の約10人に7人(71%)は、教育は男の子と女の子にとって等しく重要であると考えています。エジプト人の16%は、女の子よりも男の子を教育することが重要であると考えていますが、同等の割合(12%)は、女の子を教育することがより重要であると考えています。

同様に、ヨルダンの大多数(65%)は、教育は男の子と女の子にとって等しく重要であると述べています。それでも、ヨルダン人の少数派は、一方の性別を他方よりも教育することを好みます。 19%は男の子にとって教育がより重要であると考えており、15%は女の子を教育することがより重要であると述べています。イスラエルの意見は圧倒的に平等主義的です。 93%は、男子を教育するのと同じくらい女子を教育することが重要であると考えています。

平等主義の見解は、パキスタン(+13パーセントポイント)、パレスチナ自治区(+11ポイント)、およびイスラエル(+9ポイント)で2007年よりもいくらか広まっています。ガザ地区のパレスチナ人は、わずか2年前よりも、少女と少年の平等な教育を支持する可能性がはるかに高くなっています(+28ポイント)。ヨルダン川西岸のパレスチナ人の教育に関する見解は比較的安定しています。 86%は現在、男子を女子と同様に教育することが重要であると考えており、2007年には82%がこの見解を持っていました。

ヨルダンでは、男子が教育を受けることがより重要であるという意見は、男性の間でかなり一般的です。ヨルダンの男性の約4分の1(24%)がその見解を共有しているのに対し、女性は15%です。イスラム世界とイスラエルで調査された他の国々では、少女と少年を教育することの重要性の観点から、ジェンダーは役割を果たしていないようです。