• メイン
  • ニュース
  • コロナウイルスの発生の中で、10人に3人近くの若者が働いておらず、学校にも通っていません。

コロナウイルスの発生の中で、10人に3人近くの若者が働いておらず、学校にも通っていません。

米国でCOVID-19の症例が急増しているため、若年成人は労働市場の弱体化と不確実な教育見通しに直面しています。ピュー研究所による国勢調査局のデータの新しい分析によると、2020年2月から6月の間​​に、学校に在籍しておらず、雇用されていない若年成人の割合(「切断率」と呼ばれることもある)は2倍以上になっています。 。増加のほとんどは若年労働者の失業に関連しています。


2020年6月までに、米国の10人に3人の若者が学校に通っていず、働いていませんでした。

2020年の初めに、仕事や学校から「切り離された」16〜24歳のアメリカ人の割合は、前年の率を反映していました。しかし、3月から4月の間に、シェアは12%から20%に大幅に上昇しました。 2020年6月までに、若者の28%は学校にも職場にもいませんでした。

過去最高ではありませんが、6月の28%の切断率(1030万人の若者に相当)は、データが最初に利用可能になった1989年にさかのぼり、6月に過去最高です。この傾向は、世界的大流行の際に若者が成人期に移行する際に直面している困難の1つの指標です。

COVID-19のパンデミックに関連する封鎖により、特に16〜24歳の雇用が大幅に減少しました。多くの若者にとっても学年は終わりました。これらの進展は、雇用も学校にも在籍していない若者の割合を評価することにより、若者の幸福の一般的な指標の調査を促します。

この分析は、米国国勢調査局が労働統計局のために実施した毎月の人口動態調査(CPS)に基づいています。 CPSは、全国有数の労働力調査であり、毎月第1金曜日に発表される毎月の全国失業率の基礎となります。 CPSは、約60,000世帯のサンプル調査に基づいています。回答者の雇用状況を判断することに加えて、基本的な月次アンケートには、前週の学校または大学への入学に関する情報も含まれています。すべての見積もりは季節外れに調整されます。


ミネソタ大学のIPUMSによって提供されたCPSマイクロデータファイルが分析されました。 IPUMSでは、基本的な学校登録の質問が変数SCHLCOLLに統合されています。



COVID-19の発生は、米国政府による調査でのデータ収集の取り組みに影響を及ぼし、特に対面でのデータ収集を制限しています。これにより、2020年6月のCPSの回答率は約17パーセントポイント低下しました。これらのデータ収集の変更によって、雇用と登録の一部の指標とその人口構成が影響を受ける可能性があります。


6月の切断率の増加の一部は、5月頃の学年末を反映していることに注意することが重要です。サマースクールに入学しない若者が多いため、通常の年でも、5月から6月にかけて学校や大学に入学する学生の割合が低下する傾向があります。

2019年6月から2020年6月までの分離の8パーセントポイントの増加のほとんどは、季節的なパターンを除いて、学校に在籍するシェアが比較的安定しているため、若年労働者のコロナウイルス関連の失業に起因する可能性があります。


仕事や学校からの分離の高まりは、全国の若者の間で広く共有されています

2月から6月にかけての若者の分離の急激な増加はかなり広範囲に及んでいます。これには、男性と女性の両方、それぞれの主要な人種および民族グループ、大都市および地方に住む人々、高校生および大学生(それぞれ、16​​〜19歳および20〜24歳)が含まれます。

コロナウイルスは、地方と大都市圏のギャップを狭めました。過去数年間、農村部の若者は、大都市の若者よりも仕事や学校を休む傾向がありました。しかし、2020年には、地方と大都市の若者の違いは、2月の4パーセントポイントの違いから6月の1未満に狭まりました。これについての1つの説明は、人口密度の高い都市が最初に襲われ、農村地域よりも高い感染率と死亡率に苦しんでいるということかもしれません。

2020年6月には、雇用が大幅に減少したため、前年と比較して400万人以上の若者が雇用されました。 2019年と2020年の両方で学校または大学に在籍する若者の割合は39%でした。以前のピュー研究所の分析によると、若年成人はウイルス関連の失業に苦しんでいる可能性が最も高いとされています。