• メイン
  • ニュース
  • 高等教育と収入のあるアメリカ人は、コミュニティグループに参加する可能性が高くなります

高等教育と収入のあるアメリカ人は、コミュニティグループに参加する可能性が高くなります

データの新しい分析によると、ほぼ6人に10人のアメリカ人(57%)が、4つ以上のコミュニティグループに参加していると言う約1人に1人(11%)を含む、ある種のコミュニティグループまたは組織に参加しています。 2017年12月のピュー研究所の調査から。


アメリカ人は幅広いコミュニティグループに参加しています参加率は、価値観を共有するコミュニティに所属することが重要であると言う約7人に10人のアメリカ人の間でさらに高くなっています。このグループの中で、少なくとも1つの組織に参加しているシェア(62%)は、これらの方法の1つでコミュニティに参加していると言っている他のすべての組織の44%よりも大幅に高くなっています。

2017年12月の調査では、教会グループ、趣味グループ、慈善団体またはボランティア団体、専門家協会、コミュニティグループ、読書クラブ、親グループまたは青年団体、社交クラブ、パフォーマンスなど、10の特定の種類のコミュニティグループおよび組織で活動しているかどうかを尋ねました。芸術グループと退役軍人グループ。また、回答者は、(上記にリストされているもの以外の)何らかの「他の」タイプのグループまたは組織に関与していると言う機会も与えられました。

一般的に、教育水準が高く裕福な成人は、コミュニティや他のグループに参加する可能性が高くなります。大卒者の大多数は少なくとも1つのコミュニティグループで活動していますが、高校教育を受けた人の半分だけが同じことを言っています(70%対48%)。また、世帯収入が75,000ドル以上の人の3分の2は、世帯収入が30,000ドル以下の人の47%と比較して、少なくとも1つのコミュニティグループで活動していると答えています。

人口統計グループ全体のコミュニティの関与年齢や人種/民族に沿っていくつかの違いもあります。特に、定年に達した成人が関与する可能性が高くなります。65歳以上のアメリカ人の3分の2は、若い成人の55%と比較して、少なくとも1つのコミュニティ組織に参加していると述べています。また、黒人(62%)と白人(59%)は、ヒスパニック系(49%)よりも、少なくとも1つのコミュニティグループで活動していると言う傾向があります。


宗教団体の中で、約6人に10人のプロテスタント(61%)が少なくとも1つのグループに参加していると述べ、12%が4つ以上の組織で活動していると述べています。また、約7人に10人のユダヤ人(72%)が、4人以上に参加している4分の1(24%)を含め、少なくとも1つのコミュニティグループまたは組織に参加していると述べています。比較すると、カトリック教徒(53%)と宗教的に関係のない成人(51%)は、1つ以上のコミュニティグループに参加していると言っています。